2008年01月01日

【ケニア】キバキ大統領再選で暴動拡大 124人が死亡

2007年12月31日、ケニア大統領選挙で現職のキバキ氏が再選したことを巡る暴動で、同日までに少なくとも124人が死亡した。


posted by manekoto at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月27日

【インド】ヒンズー教徒のデモが暴動に発展 26人が死傷

2007年12月24-26日、インド東部のオリッサ州中部カンダマル地区で、ヒンズー教至上主義団体によるデモが、キリスト教会や州政府閣僚の自宅などを焼き打ちする大規模な暴動に発展した。25日には地区の4つの町で夜間外出禁止令が敷かれ、26日までに1人が死亡、25人が負傷した。

ヒンズー教原理主義組織「世界ヒンズー協会(VHP)」の指導者が何者かに襲撃されたのが発端。
VHPが抗議デモを組織したところ、一部が暴徒化し、キリスト教会12カ所のほか、キリスト教組織運営の孤児院も破壊された模様。
posted by manekoto at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月18日

【インド】刑務所から「共産党毛派」活動家ら299人が脱走

2007年12月16日、インド東部チャティスガル州の刑務所で、受刑者が看守の武器を奪い、銃撃戦の末に囚人299人が脱走した。銃撃戦により看守ら5人が負傷した。

脱走者のうち110人は、インド東部で闘争を繰り広げる武装組織「インド共産党毛沢東主義派」の活動家。

独房に収監されていた毛派幹部が、夕食を運んで来た看守のライフル銃を奪い発砲。他の受刑者も6人の看守を次々に襲って武器や無線機を奪って逃走した。

共産党毛派は、2005年にも北部ビハール州の刑務所で約200人が脱走する事件を起こしている。
posted by manekoto at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月16日

【EU】コソボに警察要員ら派遣 首脳会議で合意

2007年12月14日、欧州連合(EU)はベルギーの首都ブリュッセルで開いた首脳会議で、独立問題を抱えるセルビアのコソボ自治州に、警察要員などを派遣することで合意した。

posted by manekoto at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月13日

【タイ】議事堂にNGOメンバー100人が乱入 法案審議中止を要求

2007年12月12日、タイ非政府組織(NGO)の統括団体「タイNGO調整委員会」傘下のメンバー約100人が、議会議事堂の敷地内に乱入し、議会議員に各種法案審議の中止を求めた。この騒ぎで議会は閉会した。

警察当局は住居侵入の現行犯で約20人を逮捕。けが人はなかった。
posted by manekoto at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月09日

【パキスタン】非常事態宣言解除1日前倒し 15日に

2007年12月8日、パキスタンのカユーム司法長官は、11月3日にムシャラフ大統領が発令した非常事態宣言の解除を1日早めて15日に実施すると述べた。大統領は11月末のテレビ演説で、12月16日に非常事態宣言を解除すると表明していた。
posted by manekoto at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年12月06日

【パキスタン】米国の人権活動家2人に国外退去処分

2007年12月4日、パキスタンの治安当局は、自宅軟禁された反大統領派のアイチャズ・アフサン弁護士の釈放を求め、ラホールで抗議行動に参加していた米国人の人権活動家2人を逮捕し、国外退去を命じた。

2人は同弁護士の自宅前で座り込むなどの抗議行動を展開していた。
posted by manekoto at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年11月30日

【フィリピン】元反乱将校らが裁判所から逃走 ホテルに立てこもり

2007年11月29日、フィリピンのマニラ首都圏マカティ市で同日午前11時ごろ、2003年に反政府クーデターを起こしホテルを占拠した事件で公判中の元国軍将校らが裁判所から逃走した。将校らは武装した兵士数十人と共にマカティ市内をデモ行進した後、高級ホテル「ペニンシュラ・マニラ」に立てこもった。将校らは、アロヨ大統領の辞任などを要求したが、事件発生から約6時間後に投降した。

裁判所から逃走したのは、2003年のクーデター首謀者とされる元海軍大尉のアントニオ・トリリアネス上院議員と、2006年のクーデター未遂事件で訴追されたダニロ・リム准将。

2人は開廷直後、武装した兵士らと逃走。市内をデモ行進した後、ホテルの一室を占拠し、大統領の辞任や新政府の樹立を訴えた。
国軍と警官隊は元将校らが立てこもるホテル2階付近に催涙ガスを撃ち込み、装甲車で玄関に突入した。これを受け、トリリアネス上院議員は「人々の安全のために外へ出る。これは国民の敗北だ」と語り、兵士らとともに投降した。

事態を受け、政府は30日午前0時から5時まで、マニラ首都圏と近郊を対象に夜間外出禁止令を発令した。

続きを読む
posted by manekoto at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

【フランス】パリ郊外暴動4夜目 規模は縮小

2007年11月28日、フランスのパリ郊外で25日から続く若者らによる暴動は、4日目となり、規模は縮小している。

パリ北方の町ビリエルベル付近では数台の自動車やゴミ箱などが放火されたが、警官隊との大きな衝突は起きていない。

posted by manekoto at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年11月29日

【フランス】パリ郊外暴動3夜目 南部トゥールーズに飛び火

2007年11月27日、フランスのパリ郊外で25日に起きた若者グループによる暴動は、南部のトゥールーズに飛び火した。

暴徒は自動車などに放火、図書館でも火の手があがった。
同日深夜までに騒ぎは沈静化した。

posted by manekoto at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年11月28日

【フランス】パリ郊外の暴動2夜目 6人を逮捕 警官ら80人以上が負傷

2007年11月25-26日、フランスのパリ郊外で、ミニバイクとパトカーの衝突し、ミニバイクの少年2人が死亡した事故を巡り、アフリカ系と中東系住民が多く住むバルドワーズ県のビリエルベルで警察の対応に怒った若者達が暴徒化し、若者6人が逮捕され、出動した機動隊員と警官80人以上が負傷した。

集まった若者が火炎瓶をパトカーや乗用車、学校、商店などに投げつけ、略奪なども行われた。
暴動は、26日夜には、県内6つの町にも飛び火した。

フランスでは、2005年11月にもアフリカ系と中東系が多い地区で若者の死をきっかけに暴動が発生、全国に拡大している。

動画を見る
posted by manekoto at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 治安

2007年11月21日

【パキスタン】抗議行動の報道陣100人以上を逮捕

2007年10月20日、パキスタン南部のカラチで、非常事態宣言による報道規制などへの抗議行動を行っていた報道関係者のグループが警察に摘発され、地元のジャーナリスト組合によると100人以上が逮捕された。警察はカラチのプレス会館前でデモに参加した記者たちに警棒で殴るなどの暴力を加えた。

posted by manekoto at 07:12 | TrackBack(0) | 治安

2007年11月16日

【カンボジア】北部で住民と警官隊が衝突 1人が死亡

2007年11月15日、カンボジア北部プレアビヒア州で、クメール遺跡プレアビヒア近くの土地に居住している住民数百人と警官隊が衝突した。行政当局は住民が無断で住んでいると主張し、立ち退かせようとしたところ、住民側はナイフなどで武装して抵抗した。警官は威嚇発砲した。少なくとも1人が死亡した様子。
タグ:カンボジア
posted by manekoto at 07:06 | TrackBack(0) | 治安

【パキスタン】野党支持者と警官隊が衝突 少年2人が死亡

2007年11月15日、パキスタン南部のカラチで、ブット元首相の軟禁に抗議するデモを実施した野党支持者と警官隊が衝突した。衝突の際に発砲があり、11歳と12歳の少年2人が死亡した。どちら側が発砲したのかは不明。

警察当局は、この日カラチで野党支持者約300人を拘束した。
タグ:パキスタン
posted by manekoto at 07:05 | TrackBack(0) | 治安

2007年11月09日

【パキスタン】ブット元首相率いる野党の活動家800人以上を拘束

2007年11月8日、パキスタンのブット元首相の広報担当者は、7日夜から8日未明にかけて中部パンジャブ州内各地で、ブット元首相が率いる野党第2党「パキスタン人民党(PPP)」の活動家少なくとも800人が拘束されたことを明らかにした。

一方、同国内務省は大量拘束を否定している。
posted by manekoto at 07:32 | TrackBack(0) | 治安

2007年10月22日

【中国】ダライ・ラマ受勲を巡り、チベット僧と警官隊が衝突

2007年10月21日付の香港紙「明報」によると、10月17日、中国チベット自治区の区都ラサ西郊にある寺院デプン寺で、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の米国での受勲を祝福する儀式を行おうとした僧侶が警官に制止され、僧侶約900人が警官隊と衝突した。
posted by manekoto at 07:41 | TrackBack(0) | 治安

2007年10月21日

【ミャンマー】夜間外出禁止令解除

2007年10月20日、ミャンマーの軍事政権は、旧首都ヤンゴンと第2の都市マンダレーで、9月25日から実施していた夜間外出禁止令を10月20日夜から解除すると発表した。

当初夜間外出禁止令は60日間の予定だったが、両都市での反政府デモによる混乱がほぼ収まったと判断し解除された。大幅な前倒し解除で、国際社会からの批判をかわす狙いもあるとみられる。

タグ:ミャンマー
posted by manekoto at 07:27 | TrackBack(0) | 治安

2007年10月08日

【ミャンマー】ヤンゴンの兵士を大幅削減

2007年10月7日、ミャンマーの軍事政権は、反政府デモが沈静化に向かっているとの見通しから、旧首都ヤンゴンに配備していた兵士の数を大幅に削減した。
posted by manekoto at 07:16 | TrackBack(0) | 治安

2007年10月05日

【ミャンマー】ヤンゴン駐在の国連女性職員を一時拘束

2007年10月3日、国連の事務総長報道官によると、ミャンマーのヤンゴンに駐在する国連開発計画(UNDP)の女性職員が軍政当局に拘束された。

4日午後(現地時間)、ミャンマー当局は拘束した女性職員とその夫ら4人を釈放した。

同日早朝、シュエダゴン・パゴダ地区一帯で当局が住宅などの一斉捜索を行った際、同職員は夫、運転手ら3人とともに拘束された。
タグ:ミャンマー
posted by manekoto at 06:46 | TrackBack(0) | 治安

2007年10月04日

【ミャンマー】軍事政権が拘束した市民203人を解放

2007年10月3日、ミャンマーの軍事政権は、先月18日以降の反政府デモで治安当局が拘束した市民203人を解放した。

ロイター通信によると、同日僧侶ら約230人も解放された。
posted by manekoto at 08:43 | TrackBack(0) | 治安

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。