2008年01月01日

【ネパール】共産党毛派が暫定政権復帰

2007年12月31日、2007年9月にネパール暫定政府を離脱した共産党毛沢東主義派の4閣僚は、同派が共和制導入などで暫定政府と合意に達したのを受け同政府に復帰した。

復帰したのは情報・通信、地方開発、公共事業計画、女性・子供・社会福祉担当の各相。
8月に暫定政府を離れていた毛派出身の森林・土壌保全相も共に復帰した。


posted by manekoto at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【韓国】特赦・復権を実施 大宇元会長ら75人

2007年12月31日、韓国政府は、同日の閣議で、75人を対象に特別赦免・復権を1月1日付で実施することを決定した。対象者の内訳は経済人・企業関係者21人、元公職者・政治家30人、死刑囚6人ほか。

政界人
朴智元元文化観光相(北朝鮮への不正送金事件で有罪判決)→復権
林東源元国家情報院長→赦免

経済人
金宇中・旧大宇グループ創業者・元会長(横領などの罪で有罪確定)
タグ:韓国 特赦
posted by manekoto at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月27日

【韓国】李次期大統領の疑惑究明法公布を閣議決定

2007年12月26日、韓国の盧武鉉政権は閣議で、李明博次期大統領の株価操作関与疑惑を特別検察官に捜査させる真相究明法案を、原案通り公布することを決定した。

28日にも正式公布され、2008年1月中旬にも捜査が開始される見通し。
特別検察官は、盧大統領が民間人から任命する。

タグ:韓国 李明博
posted by manekoto at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月25日

【ネパール】王室廃止で合意 与党6党と共産党毛派

2007年12月23日、ネパール暫定政府を構成する与党6党とネパール共産党毛沢東主義派は、暫定憲法で国の体制を「連邦共和制」と前文に明記し、2008年春までに行われる制憲議会選挙後に王室を廃止することで正式に合意した。毛派の政権復帰の見返りに、毛派が以前から主張していた王室廃止を受け入れた形。

これを受け、毛派の暫定政府復帰が濃厚となり、ネパール王室の廃止は確定的になった。
ネパールの王室は、2001年のディペンドラ王太子による王族射殺事件後に即位したギャネンドラ国王が、議会を解散して直接統治を敷くなどの強権政治で国民から反感を買い、ぜいたくな暮らしぶりで人気が失墜したため、国民の多くは王室廃止に抵抗はないとみられる。

posted by manekoto at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月19日

【ベルギー】危機管理内閣の組閣に着手

2007年12月17日、ベルギー暫定内閣のフェルホフスタット首相は、国王アルベール二世の要請を受けて「危機管理内閣」の組閣作業に入った。

ベルギーでは、南北の地域対立の影響で連立交渉が進まず、6月に実施された総選挙から半年以上が過ぎても新政権が発足できずにいる。

総選挙で下院第1党となった「キリスト教民主フランドル党(CD&V)」党首イヴ・ルテルムが1日に組閣を断念。国王が選挙で敗北したギー・ヴェルホフスタット現首相に事態収拾を指示した。

危機管理内閣の組閣は、滞っている2008年の予算編成など緊急な案件に対応するため。
タグ:ベルギー
posted by manekoto at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月17日

【韓国】盧武鉉大統領 李明博候補の再捜査検討を指示

2007年12月16日、韓国の盧武鉉大統領は、19日投票の大統領選挙のハンナラ党候補の李明博氏の株価操作関与疑惑で、検察当局に再捜査させるよう、鄭成鎮法相に指揮権発動の検討を指示した。

ソウル中央地検は5日、この問題で同氏を不起訴処分としていた。

一方、大統合民主新党は16日、李候補が2000年1月の講演で、株価操作を行った投資顧問会社BBKの設立に直接かかわったことを認める趣旨の発言をした動画をインターネット上に公開した。
これを受けて、盧大統領は指揮権発動の検討を指示した。

ハンナラ党は「選挙の最終盤で大統合民主新党を支援しようという露骨な宣言」として反発している。

posted by manekoto at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月16日

【パキスタン】非常事態宣言を解除

2007年12月15日、パキスタンのムシャラフ大統領は、11月3日に発令した非常事態宣言を解除した。同宣言で解任されたチョードリー最高裁長官の復職は認めなかった。

同時に軍人や公務員の被選挙権を制限した条項を廃止した改正憲法を復活させた。ただし、憲法改正は議会の承認を得ていない。
この改正により、ムシャラフ大統領が陸軍参謀長を兼任したまま立候補した10月の大統領選で、違憲訴訟を再び起こされる可能性を封じ込めた。

また、イスラマバード高裁を新設。
上級裁判事の任命年齢を引き下げる条項も導入した。

posted by manekoto at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月12日

【アルゼンチン】キルチネル新大統領が正式就任

2007年12月10日、アルゼンチンのクリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル新大統領(54)が正式に就任した。任期は4年。

posted by manekoto at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月04日

【ミャンマー】新憲法の起草に着手 恩赦で約8500人を釈放

2007年12月3日、ミャンマー軍事政権は、新首都ネピドーで、同国の新憲法案の起草委員会の初会合を開き、起草作業に着手した。

さらに、軍事政権は同日夜、国営テレビを通じ、「委員会開催に合わせた恩赦」として全国の刑務所に収監されていた受刑者8552人を釈放したと発表した。
posted by manekoto at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【オーストラリア】ラッド首相 京都議定書を批准

2007年12月3日、オーストラリアのラッド首相は、京都議定書の批准書に署名した。国連へ届けてから90日後に発効する。

オーストラリアでは、ハワード前首相が京都議定書の批准を拒否していた。
今回の批准で2008年3月にも正式な加盟国となり、主要先進国では米国だけが非加盟となる。

ラッド首相は同日の就任と同時に批准することで、環境問題に積極的に取り組む姿勢をアピールした。
posted by manekoto at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【オーストラリア】ラッド首相が就任 労働党政権発足

2007年12月3日、豪労働党のラッド党首が、オーストラリア連邦第26代首相に就任した。労働党政権が11年ぶりに発足した。

posted by manekoto at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【キューバ】カストロ議長続投へ 議員選に立候補

2007年12月2日、キューバ政府は、病気療養中のフィデル・カストロ国家評議会議長が、2008年1月20日に行われる人民権力全国会議の議員選挙の候補に選ばれたことを明らかにした。

当選は確実で、元首である国家評議会議長に再任される公算が大きい。

国家元首である国家評議会議長は、同国の国会にあたる人民権力全国会議(定数614、任期5年)の議員の中から選ばれ、カストロ議長の再任は確実。

議員選挙への立候補見送りはカストロ議長の引退を意味していただけに、去就が注目されていた。

タグ:キューバ
posted by manekoto at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月02日

【米国】ブッシュ大統領 2008年にアフリカ訪問へ

2007年11月30日、米国のブッシュ大統領は、メリーランド州の教会で12月1日の「世界エイズデー」を前に演説し、米国のエイズ支援の現状視察などのため2008年の早い時期にサハラ砂漠以南のアフリカ諸国を訪問すると発表した。
posted by manekoto at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年12月01日

【ロシア】大統領 欧州通常戦力条約の履行停止法案に署名

2007年11月30日、ロシアのプーチン大統領は、欧州通常戦力(CFE)条約の履行停止に関する国内法に署名した。

プーチン政権は、米国のミサイル防衛(MD)の東欧配備への対抗措置として、同条約の履行停止をちらつかせていた。

これにより、12月12日以降、CFE条約が一時的に効力を失い、ロシア軍は制限なしに国内の軍備を移動できる。

ロシア外務省によると「(署名は)条約破棄を意味しない」としている。
ロシア軍高官も、インターファクス通信に対し「ただちに兵力を移動させるわけではない」とした。

posted by manekoto at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年11月30日

【シンガポール】リー首相 財務相の兼務を解消

2007年11月29日、シンガポールのリー・シェンロン首相は、自身の財務相兼務を解消し、12月1日からターマン・シャンムガラトナム第二財務相が財務相に就任すると発表した。

リー氏は2001年に財務相に就任、2004年に首相に就任した後も財務相兼務を継続していた。
シャンムガラトナム第二財務相は2008年には兼務する教育相を辞任する見通し。
posted by manekoto at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【パキスタン】ムシャラフ大統領 12月16日に非常事態解除を表明

2007年11月29日夜、パキスタンのムシャラフ大統領は国民向けのテレビ演説で、11月3日に全土で発令した非常事態宣言を12月16日に解除すると述べた。

posted by manekoto at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【パキスタン】ムシャラフ氏 2期目の大統領就任宣誓

2007年11月29日午前、パキスタンのムシャラフ氏は、首都イスラマバードの大統領府で、2期目の就任宣誓をした。任期は5年。ムシャラフ氏は、28日に兼務していた陸軍参謀長を辞任したため、文民大統領として2期目をスタートさせた。
動画を見る
posted by manekoto at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年11月29日

【米国】ハバード大統領補佐官が辞任を発表

2007年11月28日、米国のブッシュ大統領は、経済担当のアラン・ハバード大統領補佐官が辞任すると発表した。同氏は国家経済会議(NEC)の委員長も務める。後任には、キース・ヘネシーNEC副委員長を充てる。交代は年末の見通し。
posted by manekoto at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

【パキスタン】ムシャラフ大統領 陸軍参謀長を辞任 軍籍離脱

2007年11月28日、パキスタンのムシャラフ大統領は、兼務していた陸軍参謀長を辞任し、軍籍を離れた。同氏は 29日に文民として新大統領に就任する。

陸軍参謀長の後任には、アシュファク・キアニ副参謀長が就く。

動画を見る
posted by manekoto at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

2007年11月27日

【オーストラリア】コステロ財務相が政界を引退

2007年11月25日、オーストラリアのコステロ財務相は、24日に開票された総選挙で保守連合が大敗したことを受けて、政界を引退する考えを明らかにした。

同氏は、今回の総選挙で当選しており、3年間の任期を全うした後に引退する。その間、党の要職には就かない方針。
posted by manekoto at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政権

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。