2007年12月21日

【マカオ】中国返還8周年 格差拡大で抗議デモ

2007年12月20日、中国返還8周年を迎えた特別行政区マカオで、貧富などの格差拡大に抗議するデモが行われ、約7000人の市民が参加した。

デモ参加者は「中国からの不法労働者を規制しろ」「不動産価格を安定させよ」などのシュプレヒコールをあげ、プラカードや横断幕を手に市街地を練り歩いた。

マカオでは、2006年にカジノの売り上げが米国のラスベガスを抜き世界一となり、1人当たり域内総生産(GDP)でも香港を上回るなど、カジノ景気に沸いているが、中国からの不法労働者が流入し地元労働者の賃金を押し下げるなどの弊害もあり、一般市民はカジノバブルの恩恵は受けていないのが実情。


posted by manekoto at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年12月17日

【パレスチナ】ハマスが設立20周年記念集会 20万人以上が集結

2007年12月15日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは、ガザ市内で設立から20年を記念する集会を開いた。現地の報道によると、20万人以上が参加した。12日から始まったイスラエルとパレスチナ自治政府による和平交渉を牽制するのが狙いとみられる。

ハマスの政治指導者でパレスチナ自治政府の首相を務めるハニーヤ氏は「イスラエルの生存権は決して認めない」と述べ、和平交渉を全面的に拒否する姿勢を示した。

また、ハマス最高指導者のメシャル氏(シリア在住)は同日、自派のテレビで声明を発表し、「勝利を得るまで我々は第三次、第四次のインティファーダ(民衆蜂起)を起こすことができる」と述べた。

動画を見る
posted by manekoto at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年12月14日

【マレーシア】11月のデモ主導でインド系活動家5人を逮捕

2007年12月13日、マレーシアの首都クアラルンプールで11月25日にインド系住民1万人が参加したデモ隊が警官隊と衝突した事件を巡り、マレーシア国家警察は、インド系住民の人権団体「ヒンズー権利行動隊」の指導者5人を逮捕した。国内治安法に違反した疑い。
posted by manekoto at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年12月11日

【イラン】改革派学生らが抗議デモ

2007年12月9日、イランのテヘラン大学で、改革派の学生ら数百人が、当局に拘束されている学生の釈放を要求するデモを行った。

学生らによる抗議行動は、2005年8月のアフマディネジャド政権発足後3度目。

学生らは、大統領に対する抗議文が書かれたプラカードを手にしたり、政権を批判するスローガンを叫んだりした。

デモは2時間程度で終了し、負傷者や拘束者がいるとは伝えられていない。
大学の門1か所が破壊されたという。

posted by manekoto at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

【ベトナム】南沙・西沙諸島などの中国軍事演習で抗議デモ

2007年12月9日午前、ベトナムのハノイとホーチミン市の中国公館前で、南シナ海・西沙諸島などで中国が軍事演習を実施していることなどに抗議し、市民や学生らが大規模なデモを行った。

ハノイ市内の中国大使館前に約300人、ホーチミン市内の中国領事館前に500人超の市民が集まり、ベトナム国旗をかざして「中国は出ていけ」などと叫んだ。両方のデモはともに約1時間程度で自主的に解散し、治安当局との衝突などはなかった。

南シナ海の南沙・西沙諸島は、ベトナム、中国がともに領有権を主張しており、ベトナム治安当局がデモ活動を事実上黙認したことで、中越関係にも影響がおよぶ可能性もある。

posted by manekoto at 07:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月29日

【パレスチナ】中東和平会議に抗議 ガザ地区で数万人規模のデモ

2007年11月27日、パレスチナ自治区ガザで、米国で開催された中東和平国際会議に抗議する数万人規模のデモが行われた。

参加者らは「イスラエルに死を」などと叫び、同会議に出席したパレスチナ自治政府のアッバス議長を「裏切り者」と連呼した。

動画を見る
posted by manekoto at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月26日

【マレーシア】インド系住民約1万人がデモ

2007年11月25日、マレーシアの首都クアラルンプールで、少数派のインド系住民約1万人が地位改善や植民地時代に不当に扱われたとして英政府からの損害賠償を求めるデモを行った。

デモは無許可で行われたため、催涙ガスや放水車を投入してデモを阻止しようとした警察隊と衝突し、負傷者が出た。数百人が拘束された模様。

動画を見る
posted by manekoto at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月25日

【ロシア】治安部隊 反政府デモを阻止 指導者らを拘束

2007年11月24日、ロシア治安当局は、モスクワでプーチン政権に反対するデモをしていた元チェス世界王者で反政府指導者のカスパロフ氏らを拘束した。

カスパロフ氏が率いる「もう一つのロシア」は12月2日に投票が行われる議会選への参加を認められず、支持者ら約3000人は「選挙は自由でも公正でもない」と訴え、集会後に中央選管の庁舎までデモ行進を始めようとしていたところ、治安部隊がこれを阻止。取材にあたっていた記者や参加者が殴られ、10人以上が拘束された。



posted by manekoto at 08:20 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月22日

【中国】瀋陽で1万人がデモ 経営が行き詰まった投資事業の出資者

2007年11月21日、中国遼寧省の瀋陽市で、経営が行き詰まった投資事業の出資者計1万人以上が、省政府や共産党省委員会、各国総領事館などの前で、出資金返済や地元当局の対応を求め、抗議デモを行った。

デモは平和的に行われたが、一部ではデモ隊と警官隊のもみ合いがみられた。
posted by manekoto at 07:31 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月12日

【マレーシア】クアラルンプールで3万人が反政府集会

2007年11月10日、マレーシアのクアラルンプール市中心部で、公正な選挙の実施と選挙制度改革を求め、人権団体や野党勢力が反政府集会を実施した。集会には約3万人が集結。

警察は市中心部に通じる幹線道路を封鎖して開催阻止に動き、催涙弾や放水車を使って参加者を排除した。警察当局は245人を拘束したが、同日中に釈放した模様。
posted by manekoto at 06:14 | TrackBack(0) | デモ・集会

【韓国】ソウル中心部でデモ隊と警官隊が衝突 FTA反対の農民・労組員の集会

2007年11月11日、韓国ソウルの中心部で、労働組合員や農民計約2万人が、韓米自由貿易協定(FTA)の反対や非正規職雇用撤廃などを求める集会を行い、参加者と警官隊が数カ所で衝突した。100人以上が連行され、約50人が負傷した模様。

集会は、左派系のナショナルセンター、民主労働組合総連盟(民主労総)などが呼び掛け、全国各地で実施された。警察当局は全国で約6万4000人の機動隊を動員した。
posted by manekoto at 06:13 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月08日

【パキスタン】ブット元首相支持者が抗議デモ

2007年11月7日、パキスタンのブット元首相が率いる野党「パキスタン人民党(PPP)」の活動家ら約200人が、イスラマバードの国会近くで、ムシャラフ大統領による非常事態宣言に抗議するデモを実施し、警官隊と激しく衝突した。デモ隊の一部が暴徒化したため、警察側が催涙弾を発砲し警棒で殴打して鎮圧。この際負傷者が出た模様。
posted by manekoto at 08:52 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月07日

【パキスタン】弁護士らが連日の抗議行動

2007年10月5-6日、パキスタンで、ムシャラフ大統領による非常事態宣言に対する抗議行動が各地で相次ぎ、3日の同宣言発令以降、約3500人が拘束された模様。

弁護士らの抗議行動は、東部ラホール、ムルタン、南部カラチ、西部クエッタ、首都近郊のラワルピンディなどで行われた。

ラホールでは5日、弁護士ら約2000人が集結していた高裁を警官隊が急襲、警察側は警棒や催涙弾を使って解散させ、約250人を連行したという。一方カラチでは、政府に批判的な記事を掲載した新聞社に警察が乱入する事態も発生した。

ムルタンの地方裁判所前では6日、約1000人の弁護士グループが抗議行動を展開し、警官隊と衝突。警棒で殴られた弁護士ら少なくとも3人が負傷した。
posted by manekoto at 08:43 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月04日

【グルジア】トビリシで反政府集会 議会選繰り上げや大統領退陣を要求

2007年11月2日、グルジアの首都トビリシの議会前広場で、野党勢力が反政府集会を開催した。数万人が参加。
野党側は2008年秋に予定されている議会選挙の繰り上げ実施を要求。一部の参加者はサーカシビリ大統領の退陣を要求した。
posted by manekoto at 07:10 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年11月01日

【ミャンマー】弾圧後初の僧侶デモ

2007年10月31日、ミャンマー中部パコックで、9月の軍政当局による反政府デモへの武力弾圧後初めて、僧侶約100人がデモ行進を行った。

軍政側は静観し、11月3日に国連特使のイブラヒム・ガンバリ事務総長特別顧問が再訪することから、国際社会の非難を考慮して柔軟な姿勢を示した模様。

posted by manekoto at 07:31 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年10月07日

【英国】ミャンマー軍政に対する抗議デモ ロンドンで1万人

2007年10月6日、英国ロンドンのトラファルガー広場で約1万人が集会を開き、ミャンマーの軍事政権による反政府デモの武力鎮圧に対し抗議した。

この日、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなどが20カ国以上で開催を呼びかけ、欧米やアジア各国で同様のデモや集会が行われた。
posted by manekoto at 07:23 | TrackBack(0) | デモ・集会

【タイ】バンコクのミャンマー大使館前で100人が反軍政デモ

2007年10月6日、タイの首都バンコクのミャンマー大使館前で、約100人が集まり、ミャンマーの軍事政権による反政府デモの武力鎮圧に対し抗議した。
posted by manekoto at 07:22 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年09月28日

【ミャンマー】死者9人へ 日本人ジャーナリストも

2007年9月27日、ミャンマーの治安当局による反政府デモに対する鎮圧で、死者が10人に達した。

同日午後、治安部隊がデモ隊に向けた発砲により、現地で取材していたAPF通信社記者の長井健司さん(50)が死亡した。
これに対し、日本政府はミャンマー政府に厳しく抗議する姿勢を表明した。

外国人の死者は、長井さんを含め2人。
数百人が負傷し、1500人以上の僧侶が拘束された。
posted by manekoto at 06:41 | TrackBack(0) | デモ・集会

【ミャンマー】治安部隊が僧院に突入 僧侶650人以上を拘束

2007年9月27日午前3時ごろ、ミャンマー軍事政権の治安当局は、旧首都ヤンゴンにある少なくとも2カ所の僧院に突入、650人以上の僧侶を拘束した模様。

治安部隊が突入したのは、ヤンゴン市ヤンキン地区にあるモーコン僧院、南オカラパ地区のグェチャン僧院など数か所。
兵士らは僧院内の建物を壊して突入し、就寝中の僧侶を殴打するなどして制圧した。
posted by manekoto at 06:39 | TrackBack(0) | デモ・集会

2007年09月27日

【ミャンマー】反政府デモ 軍政が制圧 僧侶ら数人が死亡

2007年9月26日正午過ぎ、ヤンゴン市内で、治安当局の禁止命令を無視し、僧侶や市民が反政府デモを強行した。これに対し治安当局は、威嚇射撃や催涙ガス弾を使って制圧に動きだした。

仏塔寺院シュエダゴン・パゴダ周辺では、集まった約1000人の僧侶や学生らに対し、約200人の機動隊や兵士が暴行を加えた。僧侶ら少なくとも約30人が拘束され、数台のトラックで連行された。

仏塔寺院スーレ・パゴダ付近では、デモ隊約3万人が集結し、治安部隊は威嚇発砲を続けた他、催涙ガスも使用した。

午後3時半から、市内中心部でデモが再開。僧侶約5000人を含む5万人がデモに参加。

ロイター通信などの報道によると、僧侶ら3-5人が死亡、100人以上が負傷。350人以上が拘束された。

目撃者によると、鎮圧部隊は、群集の頭上めがけて発砲したという。
posted by manekoto at 08:10 | TrackBack(0) | デモ・集会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。