2008年01月01日

【エジプト】鳥インフルエンザで女性死亡 18人目

2007年12月31日、エジプト保健省は、北部メヌフィーヤ県の36歳の女性が鳥インフルエンザ(H5N1型)のため死亡したと発表した。同国では30日にも北部マンスーラの病院で25歳の女性が死亡している。同国の鳥インフルエンザによる死者は、今冬に入ってから3人目で、累計18人となった。


posted by manekoto at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月28日

【ベトナム】鳥インフルエンザ 4歳の男児が死亡

2007年12月27日、ベトナム保健省は、北部ソンラ省に住む4歳の児童が、高毒性の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、12月中旬に死亡したと発表した。

ベトナムの鳥インフルエンザ感染による死者は47人となり、インドネシアの94人に次いで世界2位。
posted by manekoto at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月27日

【インドネシア】鳥インフルエンザで女性死亡 死者94人に

2007年12月26日、インドネシア保健省は、ジャカルタ西郊のチェンカレンに住む24歳の女性が強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染し、死亡したことを明らかにした。
インドネシアでの鳥インフルエンザ感染による死者は94人となり、世界最多を更新した。
posted by manekoto at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月24日

【ポーランド】新たな鳥インフルエンザを検出

2007年12月22日、ポーランド通信(PAP)は、同国北部の養鶏場で発見されたニワトリの死骸から、高病原性の鳥インフルエンザ(H5N1型)が新たに検出されたことを伝えた。同地域での鳥インフルエンザ感染の報告は今月に入り2度目。
posted by manekoto at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月20日

【カナダ】BSE感染牛を確認 国内11例目

2007年12月18日、カナダの食品検査局は、アルバータ州でBSE(牛海綿状脳症)に感染している牛が見つかったことを明らかにした。カナダのBSE感染報告は今回で11例目。
タグ:カナダ BSE
posted by manekoto at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月17日

【ウガンダ】新種エボラ出血熱が拡大 119人感染 35人死亡

2007年12月14日、ウガンダの保健省は、これまでに新種のエボラ出血熱に合計119人が感染し、そのうちの35人が死亡したことを明らかにした。

【ウガンダ】新種のエボラ・ウイルス検出 16人死亡 (2007年12月1日)

posted by manekoto at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月16日

【ミャンマー】鳥インフルエンザ感染者を確認 7歳の少女 WHOが発表

2007年12月14日、世界保健機関(WHO)は、ミャンマー北東部シャン州で7歳の少女が毒性の強い鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染していたことが確認されたと発表した。同国での鳥インフルエンザの人への感染は初めて確認された。

少女は頭痛や高熱などを訴え、11月下旬から入院しているが、回復しているという。
posted by manekoto at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月04日

【中国】江蘇省で鳥インフルエンザ感染 男性が死亡

2007年12月2日、中国の江蘇省で24歳の男性が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し病院で死亡した。3日新華社が伝えた。中国で鳥インフルエンザの感染が確認されたのは26人目(17人が死亡)。

男性は11月24日に発熱や悪寒などを発症、27日に肺炎と診断され入院。死んだ家禽類との接触はなかったという。

保健当局は男性と接触した69人を医学観察しているが、現時点では異常はないという。
posted by manekoto at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年12月01日

【ウガンダ】新種のエボラ・ウイルス検出 16人死亡

2007年11月29日、米国の疾病対策センター(CDC)当局者は、アフリカ東部のウガンダでエボラ出血熱の大量感染が発生しており、死者からエボラ出血熱の新種ウイルスが検出されたことを明らかにした。

ウガンダからの報道によると、新たなエボラ出血熱の感染はコンゴ民主共和国に近いウガンダの西部国境地帯で発生し、これまでに51人が感染、16人が死亡している。
posted by manekoto at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | 感染

2007年11月26日

【香港】サギの死体から鳥インフルエンザ検出

2007年11月24日、香港の農業水産管理局(AFCD)は、新界地区の公園で18日に発見されたサギの死体から、高病原性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1型」が検出されたことを明らかにした。
posted by manekoto at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染

2007年10月15日

【台湾】テング熱が猛威

台湾のニュースサイト「中国台湾網」によると、台湾南部でデング熱が流行し、台南市政府の調査では、2007年10月13日までに同市内で511人の感染者が確認された。
隣接する高雄市でも2つの区で集団感染が発生している。

テング熱
posted by manekoto at 06:37 | TrackBack(0) | 感染

2007年09月24日

【英国】牛1頭から青舌病感染を確認

2007年9月22日、英環境・食糧・農村省は、イングランド東部サフォーク州イプスウィッチ近郊で牛1頭から青舌病ウイルスを検出したことを明らかにした。青舌病の感染は英国内では初めて。
タグ:英国 青舌病
posted by manekoto at 06:35 | TrackBack(0) | 感染

2007年09月20日

【中国】広州市郊外で鳥インフルエンザ確認

広東省広州市郊外で約9800羽のアヒルが大量死したのが見つかり、中国農業省は鳥インフルエンザに感染していたことを確認したと発表した。すでに約3万6000羽のアヒルを処分した。
posted by manekoto at 05:22 | TrackBack(0) | 感染

2007年09月16日

【イラク】北部でコレラが蔓延

2007年9月14日、WHO(世界保健機関)の報道官は、イラク北部のスレイマニヤ、キルクーク、アルビルなどでコレラが広がっていることを明らかにした。

WHOによると1万6000人が感染、10人が死亡したという。
posted by manekoto at 06:54 | TrackBack(0) | 感染

2007年08月28日

【ドイツ】鳥インフルエンザでカモ類16万羽処分へ

2006年8月26日、ドイツ南部バイエルン州当局は、同州内の農家の家禽から高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)の感染が確認され、カモ類16万羽を処分する方針を明らかにした。

この農家では、8月24日に約400羽の鳥類が死んでいるのが見つかり、そのうち5羽から鳥インフルエンザが検出された。農家周辺は立ち入りが禁止された。
posted by manekoto at 07:59 | TrackBack(0) | 感染

2007年08月23日

【インドネシア】バリ島の鳥インフルエンザで2人目の死者

2007年8月22日、インドネシア保健省は、バリ島南部に住む女性(28)が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡したと発表した。バリ島では8月12日に29歳の女性に続いて2人目の死者。

【インドネシア】バリ島 鳥インフルエンザ感染で死者
posted by manekoto at 07:43 | TrackBack(0) | 感染

2007年08月21日

【中国】豚の伝染病が流行 25万7000頭が発症

2007年8月20日、中国農業省は、豚の伝染病「豚繁殖呼吸器障害症候群(PRRS)」が、全国31省・自治区・直轄市のうち26地域で発生、25万7000頭が発症したことを明らかにした。
8月19日までに6万8000頭が死に、17万5000頭が処分された。

この伝染病は中国南部で2006年夏に発生。
当初は有効な防止策がなかったが、ワクチンが大量生産され、1億頭以上の豚に投与された。
農業省は「この伝染病は一応抑制された」としている。
posted by manekoto at 07:38 | TrackBack(0) | 感染

2007年08月14日

【インドネシア】バリ島 鳥インフルエンザ感染で死者

2007年8月13日、インドネシア保健省は、バリ島で鳥インフルエンザ感染により29歳の女性の死亡を確認したと発表した。インドネシアでは82人目の感染死者となるがバリ島では初めて。
posted by manekoto at 07:26 | TrackBack(0) | 感染

2007年08月05日

【英国】イングランド南東部で家畜約60頭から口蹄疫を確認

2007年8月3日夜、英国の環境・食糧・農村省は、イングランド南東部のサリー州ギルフォード近郊の農場の家畜約60頭から口蹄疫が確認されたと発表した。

英国政府の対策

  • 感染が確認された家畜はすべて処分される。

  • 環境・食糧・農村省や地元の行政当局は、現場周辺を監視地域に指定。

  • 監視地域内の家畜の国内移動を原則禁止。

  • ブラウン首相は、国家緊急治安特別閣議(COBRA)を招集する。




口蹄疫(こうていえき)

牛、山羊、羊、豚など偶蹄類に発生するウイルス性急性伝染病。口や蹄などに水疱ができる。感染そのもので死亡することは稀。人に影響はないが、動物間での感染力は強い。


タグ:口蹄疫 英国
posted by manekoto at 07:38 | TrackBack(0) | 感染

2007年07月17日

【東南アジア】デング熱が大流行

東南アジアでデング熱が猛威。

■タイ保健省によると、タイでは1月から7月7日までに2万3,653人が感染し、21人が死亡した。感染者は前年同期比で38%も多い。

■ベトナムでは南部のメコンデルタを中心に感染が拡大。上半期(1-6月)の感染者は1万9,144人、死者は21人。 感染者数は前年同期比25%増。

データ:タイベトナム
続きを読む
posted by manekoto at 06:56 | TrackBack(0) | 感染

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。